×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ゴルフが巧くなるために

ゴルフ上達のためのゴルフ用品選び
トップアイアンとはどんなクラブ

おすすめ

アイアンとはどんなクラブ

アイアンは、初心者ゴルファーにとってとても頼もしいクラブです。例えば、仮に500ヤード、パー5というコースがあったとします。あなたが9番アイアンで100ヤードを確実にまっすぐに飛ばせることが出来るとするとパーで上がれることになります。最後に微調整でパターが必要でもボギーです。実際にゴルフ場ではそう上手くはいきませんが、ある意味スコアを上げるための秘訣でもあります。

そんなアイアンの選び方について紹介します。ドライバーには、最長飛距離(ドライビングディスタンス)、方向性(フェアウェイキープ率)といったわかりやすい選択の基準があるのですが、アイアンはモデルの特徴が理解しづらく、ゴルファーのレベルによって求める性能も異なります。

アイアンをつかう目的は「距離の打ち分け」にあります。アイアンの種類はウッドと同様に、3番、4番・・・9番と数字で種類分けされ、9番以降はピッチングウェッジ(PW)、アプローチウェッジ(AW)、サンドウェッジ(SW)の呼称がついています。種類が多いほど微妙な距離調節がやさしくなります。

アイアンはヘッド形状から3つに分類されます。

@キャビティバック
 キャビティバックは、中央部の重量を周辺に配分しスイートエリアを広くしたアイアンで、現在のアイアンの主流となっています。初心者にはキャビティアイアンがおすすめです。

Aマッスルバック
 マッスルバックは、周辺に重量を配分しないタイプで、小ぶりでスイー トエリアは狭く、上級者向けといわれています。

B中空タイプ
 中空タイプは、アイアンヘッドに空洞を設けることによって、スイートエリアを拡大することを企図したアイアンです。

初心者にはロングアイアン(3番、4番)は、まっすぐ飛ばすことが難しいので必要ありません。初心者は少し重めがおすすめです。一般男性の場合、5番アイアンで、370〜410グラムを目安に選ぶといいでしょう。
楽天ウェブサービスセンター

Copyright(C)2012 ゴルフが巧くなるために All Rights Reserved.

逆張りメリット