×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ゴルフが巧くなるために

ゴルフ上達のためのゴルフ用品選び
トップ初めてのゴルフクラブ

おすすめ

初めてのゴルフクラブ

テレビ中継でプロゴルファーがプレイしているのを見ていると、何本ものゴルフクラブの中からその状況に応じて、クラブを交換しながら戦っている姿をよく目にします。彼らは、一体全部で何本もっているのか、知っていますか?

ルールでは、14本以内であれば、何本クラブを持っていても問題ありません。例えば、ドライバーと7番アイアン、それにパターだけでも問題はないのです。プロゴルファーは、大抵、14本のクラブでトーナメントを戦っていますが、もしあなたが初心者の場合、いきなり14本も揃える必要はありません。10本から12本くらいを目安にして、少しずつ揃えていっても良いのです。プロは、一つ一つのクラブをその場に応じて、使いこなせるように、普段から、練習をつんでいます。あなたが、使いこなせるクラブは、いったい何本ですか?

クラブの特徴を説明します。
ウッドはボールを遠くへ飛ばすためのクラブです。その中でも、最も飛距離がでるのがドライバーです。初心者の場合、手先や腕の力を利用してしまう傾向があるので、上手に、体全体を使って、スイングができるように、少し重めのクラブを、お勧めします。物理学的には、ボールの飛距離は、スイングの早さによってだけでは決まらず、ボールに当たったもの、つまりヘッドの重さと反発力にも左右されます。
また、四角形や三角形などのドライバーは、ボールが真っ直ぐに飛びやすいように設計されています。そのようなタイプを選ぶとミスが少なくなります。

ウッドは、ボールが飛ぶ方向性と飛距離を重視するクラブだったのに対して、アイアンは狙った所にピンポイントにボールを飛ばすことを目的としたクラブです。6〜10本がセットになっていて、。初心者にオススメなのは、フェースの後ろ側が凹んだ構造になっているキャビティアイアンです。このタイプは、ヘッドを下げることができるように設計されていて、ミスが減少し、ボールも上がりやすくなります。

パターは、ご存知のように、ボールを転がすためクラブです。特に初心者向けを気にする必要はありません。構えやすいこと、ボールを転がしやすいこと、を中心に、自分でクラブを選んでみてください。何種類かのパターを実際に打ち比べてみると、なんとなく自分に合ったものがみつかりますよ。
楽天ウェブサービスセンター

Copyright(C)2012 ゴルフが巧くなるために All Rights Reserved.

逆張りメリット